補装具(「後期高齢者の組合員」は、下記の給付は受けられません)

こんなとき

  • 治療上、医師が必要と認めた装具(コルセット等)を購入したとき

このような書類で

  • 療養費支給申請書PDF
  • [添付書類]
  • 医師の意見書(原本)
  • 装具装着の証明書(原本)
  • 領収書(原本)
    領収書の返却をご希望の場合は、その旨を書いたメモと返信用封筒を同封してください。
    「療養費申請済」の証明印を押して返却いたします。
  • 領収書の内容がわかる明細書(領収書に記載されている場合は不要)
  • 靴型装具購入の場合は当該装具の写真

撮影方法について

靴型装具の写真について以下の箇所について撮影してください。

  1. 正面
  2. 裏側(正面の反対側)
  3. 右側
  4. 左側
  5. 全体図
  6. 下・底
  7. サイズ表記(ある場合)
  8. ロゴ・商標等(ある場合)
  9. 取り扱い説明書・製品箱(ある場合)

ご注意

「治療用装具」の製作において、不正請求が相次いでいるため、厚生労働省より靴型装具は現物写真の添付が義務づけられました。尚、ご請求していただけるのは、作製1回につき1足分しか保険請求できないのでご注意ください。

患者が実際に装着する現物であることを確認するため、装具単体ではなく実際に患者本人が装着している全身写真であること。

これだけの給付がうけられます

保険で給付されるのは、装具のうちでも治療を目的としたものに限られ、付属品等がある場合にはそれらも含めた総額の所定給付割合分(給付割合については「療養の給付」参照)を給付します。

申請後2~3カ月後の支給になります。
平成28年1月から個人番号の利用に伴い各種手続きにおいて、申請書に個人番号の記入が必要となりました。
国民健康保険に関する申請は、 組合員が行う必要がありますので「組合員」とそれぞれ「給付対象となる方」の両方の個人番号が必要です。

PageTop

メニュー

メニュー