医療費の適正化をはかるため、国が医療保険者(国保・健保など)に義務付け
40歳から74歳のすべての医療保険加入者が対象(健診結果が管理されます)
メタボリックシンドロームに着目した健診
内臓脂肪型肥満に加え脂質異常、高血圧、高血糖を併せ持った状態であるメタボリックシンドロームは動脈硬化を進ませ、狭心症・心筋梗塞・脳梗塞・脳出血など、命にかかわる重大な病気を引き起こします。治療が必要となる前に病気の芽を早期に発見し、生活習慣を改善していただくことにより、その芽を早期に摘み取ってしまうことを目的として、特定健診・特定保健指導が始まりました。
特定健診の検査項目
(1)基本的な健診項目(受診者全員に実施)
    問診・身長・体重・肥満度・BMI・腹囲・理学的検査(身体診察)・血圧・中性脂肪・HDLコレステロール・LDLコレステロール・AST(GOT)・ALT(GPT)・γ-GT(γ-GTP)・空腹時血糖又はヘモグロビンA1c(HbA1c)・尿検査(尿糖・尿蛋白)
BMI(体格指数)は肥満度を調べる指標で、体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)で計算します。
BMIは、指数22が標準体重とされます。
すでに血圧を下げる薬、血糖を下げる薬、コレステロールを下げる薬を医療機関の指示により服薬中の人は特定保健指導の対象となりません。
(2)詳細な健診項目(それぞれ、医師が必要と認める者だけに実施)
    @貧血検査(Ht・Hb・赤血球数)  A心電図検査(12誘導)  B眼底検査

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

@「受診券」を使って特定健診を受ける
    ※上記特定健診の検査項目のみ受診できます。
    ※費用は無料です。
「特定健康診査受診券」は、平成20年4月1日現在当組合に加入しており、本年度中に40歳〜74歳になられる方で、各府県の医師会等との集合契約(注1)が締結された地域にお住まいの被保険者に、順次お送りしています。
   (注1:「集合契約」とは、各府県の保険者協議会で選出された代表保険者と同府県の医師会や病院グループとの間で行われる契約です。)
お住まいの地域の「特定健診」実施医療機関(注2)で受けられます。
   (注2:「特定健診」実施医療機関とは、上記「集合契約」に参加している医療機関のことです。)
「受診券」当組合の「健康保険証」を医療機関の窓口に提示して、受診してください。
A生活習慣病共同健診で特定健診を受ける
   
上記特定健診の検査項目のほか、胃部X線(バリウム)、胸部X線、心電図、大腸がん検査、骨密度検査、眼底検査、前立腺がんPSA検査、子宮がんCA125検査、心臓検査BNP、C型肝炎HCV検査が受診できます。
   
費用は無料です。
35歳以上の被保険者が対象です。
年2回6月〜8月(5月号「いきいき」に掲載)
と11月〜12月(10月号「いきいき」に掲載)
に実施しています。
受診券を使った特定健診を再度受ける必要はありません。
B無料健康診断で特定健診を受ける
   
上記特定健診の検査項目のほか、胸部X線、骨密度検査、前立腺がんPSA検査、子宮がんCA125検査が受診できます。
   
費用は無料です。
被保険者全員が対象(年齢制限なし)です。
年1回9月(8月号「いきいき」に掲載)に実施しています。
受診券を使った特定健診を再度受ける必要はありません。
C人間ドックで特定健診を受ける
特定健診の検査項目を含む人間ドックの場合、その健診結果をご本人から当組合に送付してください。
(送付先:〒540−0012  大阪市中央区谷町1−5−4  近畿税理士国民健康保険組合宛  ※コピー可)
受診券は使えませんので、全額自己負担となります。
   
下記記載の方は、人間ドック補助金の申請ができます。
年度内(4月〜翌年3月)の人間ドックの受診に対し、1回限り申請できます。
補助金の金額(税理士:40,000円、従業員:30,000円、家族:25,000円)
人間ドックとは別に、@の受診券を使って特定健診のみ受けることはできます。

copyright(c)2003,近畿税理士国民健康保険組合,All rights reserved. コンテンツの転載・無断使用を禁止します。