保健事業 各種がん検査



   日本人のがん患者数のうち、大腸がんは最もかかる人が多く、毎年約12万人が新たに罹患しています。年齢が高くなるとともに罹患率・死亡率が増加するとされ、大腸がんにかかる人は40歳から増え始めます。
   また、大腸がんは初期の段階では自覚症状がほとんどなく、痛みや違和感などの症状が出たときにはがんが進行していることが多いと言われています。しかし、一方で、他のがんに比べ進行が遅く、早期に発見し治療ができれば治りやすいという特徴があります。症状がないうちに見つけることが重要であり、そのためには定期的に検査を受けることが不可欠です。
   当組合では、今年も家族を含む全被保険者を対象に無料(当組合負担)で大腸がん検診を実施します。ご家庭で気軽に検査ができる郵送検診です。病気の早期発見・早期治療のため、積極的に受診しましょう。

実施要項

●対象者 当組合の被保険者
(当組合に加入している家族を含む)

※後期高齢者の組合員は受診できません。
●検査料金 無料(当組合負担)
ただし、検査容器等を返送する際の郵送料は各自ご負担ください。
●申込み方法 必要事項を記入し、下記申込み先へ郵送(郵送料は各自ご負担ください)またはFAXでお申込みください。
※申込み様式については以下のリンクよりダウンロードできます。
・大腸がん検査申込み書
●申込み先

〒597-0081
大阪府貝塚市麻生中907-1
(医)厚生会 厚生会クリニック   税理士国保係
TEL 072-420-1137  FAX 072-420-1109

●申込み期間 平成30年9月1日(土)から10月31日(水)まで
申込み受付後、(医)厚生会 厚生会クリニックから問診票、検査容器等が送られます。自己採取した検体及び問診票を厚生会クリニックへ返送しますと、後日検査結果報告書が郵送されます。
申込みされた方は、必ず検査(検体の送付)を行ってください。







copyright(c)2003,近畿税理士国民健康保険組合,All rights reserved. コンテンツの転載・無断使用を禁止します。