各種給付 人間ドック補助金


人間ドック補助金      ※ただし、「後期高齢者の組合員」は、下記の給付は受けられません
こんなとき このような書類で これだけの給付がうけられます
人間ドックを受けたとき
(健康診断を含む)
人間ドック補助金支給申請書



 -記入例
領収書の原本
(受診日・受診者・料金・領収印・健康診断であることの記載がある領収書を添付してください。
お支払いが銀行振込の場合、また事業所でまとめて受けられた場合でも、受診者ごとに必要事項記載の領収書を添付してください。)
<上限額>
税理士である組合員 ……………40,000円
勤務税理士である組合員 ……………40,000円
          (平成29年3月31日までは30,000円)
従業員である組合員 ……………30,000円
家                     族 ……………25,000円
 
年度内(4月〜翌年3月)に複数回受診しても1回分しか申請できません。
PSA検査・乳がん検査・子宮がん検査を単独で受けた場合でも、人間ドック補助金支給の対象となり年度内一度の申請となります。
人間ドックと、その他の検査(PSA検査・乳がん検査・子宮がん検査等)を併用する場合は、人間ドックと同一日かつ同一健診機関で受けた場合に限り支給の対象となります。
保険診療で検査を受けられた場合は対象外です。
当組合で実施している各種健診との併用も可能です。
加入期間が一年未満でも支給対象となります。
領収書の返却をご希望の場合は、その旨を書いたメモと返信用封筒を同封してください。
  「人間ドック補助金申請済」の証明印を押して返却いたします。





copyright(c)2003,近畿税理士国民健康保険組合,All rights reserved. コンテンツの転載・無断使用を禁止します。