各種給付 療養の給付

療養の給付      ※ただし、「後期高齢者の組合員」は、下記の給付は受けられません
こんなとき このような書類で これだけの給付がうけられます
病気になったとき
歯が痛むとき
ケガをしたとき

第三者による事故(注)で診療を受けた場合には、必ず当組合までご連絡ください。

(注) 車・バイク・自転車による事故、暴力、スポーツ中のケガ等





(受診時に持参するもの)
健康保険証
各種の医療証や受給者証
   
右記のBに該当される方は、当組合から交付の「高齢受給者証」と「健康保険証」を一緒に病院の窓口に提示してください。
@ 6歳以下の就学前の乳幼児
保険でかかれる医療費の8割を組合が負担します。
(患者負担2割)
A 6歳就学後以上70歳未満の方
保険でかかれる医療費の7割を組合が負担します。
(患者負担3割)
B 70歳以上75歳未満の方
当組合より「高齢受給者証」を交付いたします。
所得により負担割合がかわります。
現役並み所得者(住民税課税所得額が145万円以上の方)
      ……… 7割給付(患者負担3割)
         ※高齢受給者証に負担割合3割記載あり。
現役並み所得者以外の方
・昭和19年4月2日以降に生まれた方
      ……… 8割給付(患者負担2割)
         ※70歳になる誕生日の翌月から
         (1日生まれの人は誕生日の月から)



・昭和19年4月1日までに生まれた方
      ……… 9割給付(患者負担1割)
         ※これまで通り継続されます




copyright(c)2003,近畿税理士国民健康保険組合,All rights reserved. コンテンツの転載・無断使用を禁止します。